港区のサラリーマン必見!
AGA治療でよくある質問

このページでは、AGA治療でよくある質問について紹介します。治療に対する疑問を解消できる回答が多く記載されているので、治療をご検討中の方はぜひご確認ください。

AGAとは?ハゲや薄毛と違うの?

AGAとは、「Androgenetic Alopecia」の略称であり、意味は「男性型脱毛症」です。成人男性特有の症状であり、発症すると額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていきます。AGAの原因は個人で分かれますが、遺伝もしくは男性ホルモンの影響と考えられているのが一般的です。また、ハゲや薄毛とはあくまでAGAに起因するものであり、AGAになったからこそハゲ・薄毛の状態になります。

AGAの原因とは?親のハゲは遺伝する?

どうしてAGAになってしまうのか、気になる方は多いかもしれません。原因さえ掴めれば、対策もしやすくなるからです。基本的にAGAは、男性ホルモンや遺伝の影響によって発症すると言われています。ここでは、それぞれの原因について詳しく紹介していきます。

男性ホルモンの影響

男性ホルモンとは、肉体・思考を男らしいものに成長させる重要な生理活性物質です。一概に男性ホルモンといってもさまざまな種類がありますが、AGAで重要となるのが「テストステロン」です。このテストステロンは頭皮の酵素と結びつくことで、「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換される特徴を持っています。

このジヒドロテストステロンは、毛乳頭や毛母細胞のヘアサイクルを乱す厄介なホルモンです。ヘアサイクルが乱されれば、髪の毛は細くなり寿命も縮まってしまいます。髪の毛が細くなると地肌が透け、頭皮に紫外線などのダメージが加わり、余計に環境を悪化させてしまうのです。こうした点を見ても、男性ホルモンはAGAと密接に関わっているといって良いでしょう。

遺伝

薄毛は遺伝するという話について、一度は聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。実際、その話は間違いではありません。AGAになる男性は、毛母細胞の受容体が「ジヒドロテストステロン」の影響を受けやすいという特徴を持っています。逆にAGAを発症しない男性は、受容体の感度が低いのです。

この受容体の感度には、遺伝が影響しているとされています。受容体の感度は、「母方の祖父」のXY遺伝子から遺伝するのが特徴です。そのため、もしも母方の祖父が薄毛であった場合には、自身も遺伝によってAGAとなる可能性が高いと考えた方が良いでしょう。

AGAの治療方法とは?

AGAは適切な治療をすれば症状の進行を阻止し、発毛を促すことができます。AGA治療にはさまざまな方法が存在しているので、自分の体質に合った治療方法をチョイスするようにしてください。

発毛を促す成分・治療薬

発毛を促す成分として、もっともメジャーといっても過言ではないのが「ミノキシジル」です。さまざまな発毛剤の主成分として使用され、実際にAGAにおける「発毛」と「抜け毛予防」の効果が認められています。現在世界90カ国以上で使用されていることもあり、効果が実証されている成分といえるでしょう。

ミノキシジル同様、発毛を促す成分とされているのが「カルプロニウム塩化物」です。頭皮の血流を改善させる作用があり、育毛促進の効果があると考えられています。こうした点から、ミノキシジル同様発毛剤によく使用される成分です。ただし、ミノキシジルと比べるとAGAへの効果は薄く、日本皮膚科学会の定めたAGA治療ガイドラインでも厳しい評価となっています。どちらかというと、円形脱毛症向きの成分です。

脱毛・抜け毛を抑制する成分

脱毛・抜け毛を抑制する効果がある成分として、一般的なのが「フィナステリド」です。フィナステリドにはAGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑える効果があり、多くのAGAクリニックではこのフィナステリドが含まれた錠剤「プロペシア」を処方しています。一方で、フィナステリドはあくまで脱毛・抜け毛を抑える成分であり、発毛効果はありません。

「デュタステリド」は、フィナステリドと同じくジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する効果を持ち、フィナステリド以上の治療効果が見込める成分です。このデュタステリドが含まれた錠剤を「ザガーロ」といいます。注意点として、フィナステリド以上の効果を持つデュタステリドですが、副作用(勃起不全・性欲減退)の発生頻度についても、フィナステリドより高いものとなっています。

頭皮の環境を整える成分

頭皮の環境を整える・ケアする成分は多数存在します。ここでは「血行促進」「保湿」「髪の栄養成分」に有効な成分を紹介していくので、参考にしてください。

・血行促進
髪の毛の成長が遅いことを原因とする薄毛に対しては、血行促進を促す成分をとると良いでしょう。血行促進を促す成分には、イチョウ葉エキス・エビネエキス・センブリエキスなどがあります。自身の髪の毛の成長が遅いと感じた場合は、こうした成分が含まれた発毛剤・育毛剤をチョイスすると良いでしょう。

・保湿
頭皮の皮脂は抜け毛の原因と考える方も少なくありませんが、実は皮脂がまったくない乾燥した状態だと刺激や雑菌に弱くなり、頭皮に悪影響を与えます。頭皮を保湿し環境を整えるためには、アロエエキス・イラクサエキスなどの成分が入った発毛剤・育毛剤を使用するようにしてください。

・髪の栄養成分
せっかく生えた髪の毛でも、しっかり栄養が行き届いていなければ弱々しく、すぐに抜けてしまう恐れがあります。ハリとコシのある力強い髪の毛とするためには、亜鉛やタンパク質、ビタミンの積極的な摂取を心がけるようにしてください。普段の食事はもちろん、発毛剤・育毛剤を購入する際も、これらの成分が入っているかには注目です。

その他の治療方法

AGA治療では内服薬の服用以外にも、さまざまな治療方法があります。その中でも代表的なのが「メソセラピー」と「HARG療法」です。

・メソセラピー
メソセラピーとは、AGA治療に有効な成分を、服用するのではなく直接頭皮に注入する治療方法です。投薬治療のサポートとして実施される治療方法であり、利用すればさらなる高い発毛・育毛効果が期待できます。一方で、注入には注射針や針付きのローラーを使用するので、場合によっては痛みが生じるケースも否定できません。

・HARG療法
HARG療法とは、「HARGカクテル」と呼ばれる薬剤を、メソセラピーと同じように薄毛部分の頭皮に直接注射する治療方法です。HARGカクテルに含まれた成分が頭皮の細胞に働きかけ、発毛を促します。HARG療法は女性にも使用ができる治療であり、副作用が少ないのもポイント。ただし、料金は基本的に高額となります。

AGA治療薬の個人輸入はキケン?

クリニックで処方される正規の治療薬は、保険適用されないこともあり決して安価ではありません。そのため、中には海外から治療薬を個人輸入しようと考える方もいるでしょう。しかし、それは非常に危険な行為です。

たしかに、海外から治療薬を個人輸入すれば、クリニックで処方してもらうより安価になるかもしれません。また、日本では承認されていない強力な治療薬を、手に入れられるケースもあるでしょう。しかし、そうした手段で入手した治療薬は、安全性の保証がされていません。場合によっては、健康に著しい悪影響を与える可能性も考えられるのです。

また、個人輸入で手に入れた治療薬は、偽造品である可能性も否定できません。せっかくお金を出して購入したものが、実は単なる風邪薬だったというケースも十分考えられます。こうした理由から、治療薬は必ずクリニックで医師から診察を受けたうえで、処方してもらうようにしてください。

AGA治療に育毛剤は効く?

AGAで悩んでいる方の中には、費用やプライバシーが気になりクリニックには通わず市販の育毛剤だけで治療したいという方もいるでしょう。しかし、育毛剤はあくまで「今ある髪」を力強く育てるものであり、新たに髪を生やしたいのであれば発毛剤を使用しなければなりません。

また、たとえ発毛剤を使用したとしても、使い方が間違っていたりAGAのタイプに適さなかったりする場合は、高い効果は見込めないでしょう。AGAを改善するためには、自分の症状や毛髪環境を把握したうえで最適な治療方法を選択する必要があります。しかし、個人でそれを行うのは至難の業です。そのため、AGAを治したいのであれば、できる限りAGAクリニックで医師の診断を受けるようにしてください。